初心者必見!ゼロからはじめる資産運用ナビゲーション

資産運用の初心者が知っておくべき投資のキホンとは

サイトマップ

初心者でも安定した収益が見込める資産運用は何か

これから資産運用を始めるという初心者の方でも安心な、比較的リスクの低い投資商品をピックアップし、その概要や特徴をわかりやすく解説しています。

ローリスク~ミドルリスクで元本保証に近い安定性を備えながらも、できればミドルリターンが狙えるものを厳選し、それぞれのメリットとリスクをまとめています。参考にしてみてください。

詳細情報はこちら

初心者のための資産運用ナビゲーション

HOME » 特集2.将来性の高い資産運用「マンション経営」とは » 物件選びのポイント

物件選びのポイント

不動産投資用のマンションの選び方について紹介します。

安定収入を得るための不動産投資用マンション選び5か条

マンション経営用の物件を選ぶ時には、どんなポイントに気をつけるか。一言で言えば、「これなら自分が借りたい」と思える物件を選ぶことです。

条件1:立地が最重要ポイント

立地は、物件を選ぶポイントで最も重要です。原則的には、政令指定都市などの都市圏を選ぶこと。そして、人口増加率が高い都市であること。人口増加は都市の「伸び」を示しており、賃貸需要が高く、将来有望です。

さらに、都市の中心部に近く、駅にも近くて交通アクセスが良好であること。これだけ立地条件が整っていれば、自然と入居率は高くなります。

これが逆になってしまうと、新築時は良くても、次第に入居率が下がってしまいます。立地条件のいい物件は値下がりしにくく、売りやすいと言われます。

条件2:入居者が入りやすい新築物件

自分が賃貸マンションを借りる場合も、できれば新築がいいと考えるでしょう。見た目の良さや清潔感から、新築物件には入居者が入りやすいのは自然なことです。

経営するあなたにも大きなメリットがあります。まず、担保価値が高いと判断されるので、融資が受けやすいこと。そして、長期間運用でき、長きにわたって収益が期待できることです。

条件3:1人暮らしに最適であること

ワンルームマンションは投資額が手頃であることもあって、資産運用を目的とした所有が多く、そのため、流通市場が整っています。最初のマンション経営にワンルームマンションを選ぶ方が多いのは、そうした理由によります。

ですから、物件を選ぶ場合は、1人暮らしに便利な設備が揃っているか、物件周囲の環境や交通アクセスが整っているか、適切な広さか、といった視点で選ぶと良いでしょう。

条件4:デザイン性で一歩抜きん出る

デザイン性とは、物件の競争力です。立地条件が変わらず、同じ新築であった場合、入居者に選ばれるためには、何らかの付加価値が必要となるからです。

上質感、高級感を演出できる機能的デザインであれば、資産価値を高める効果もあります。

条件5:不動産会社を選ぶことも重要

不動産の売買を仲介してくれる不動産会社の選択は、物件選びと同じくらい重要です。なぜなら、あなたの代わりに物件を探したり、書い手を探したり、雑多な手続きをサポートしてくれるからです。物件探しひとつとっても、あなたが独力で探すのには限界がありますから、不動産会社の協力は必須です。

自社で開発・分譲も手がけている不動産会社もありますから、その場合は、物件の細かいところまで説明してもらえますし、相談にも親身になってくれるはずです。優秀なアドバイザーを探すつもりで、まずは不動産会社を選ぶことからはじめてみてはいかがでしょうか。