初心者必見!ゼロからはじめる資産運用ナビゲーション

資産運用の初心者が知っておくべき投資のキホンとは

サイトマップ

初心者でも安定した収益が見込める資産運用は何か

これから資産運用を始めるという初心者の方でも安心な、比較的リスクの低い投資商品をピックアップし、その概要や特徴をわかりやすく解説しています。

ローリスク~ミドルリスクで元本保証に近い安定性を備えながらも、できればミドルリターンが狙えるものを厳選し、それぞれのメリットとリスクをまとめています。参考にしてみてください。

詳細情報はこちら

初心者のための資産運用ナビゲーション

HOME » 特集2.将来性の高い資産運用「マンション経営」とは » マンション経営のメリット

マンション経営のメリット

マンション経営には、保険や年金の代わりになる、節税効果がある、安定的に運用できるなどのメリットがあります。それでいて、通常の預貯金では考えられないミドルリターンをもたらしてくれます。

マンション経営のメリット1:家賃収入を私的年金として考えられる

長期的に安定した収益が見込めることから、マンション経営を私的年金の代替手段としてはじめる人が増えています。私的年金を検討するのは、一般的に、行き詰まりが見えてきた公的年金が信じられなくなったことがきっかけ。

しかし、一般的な私的年金は、運用成績に応じて支給額が決まるため、安定性に問題があるという一面があります。マンション経営ならリスクが低く、その安定収益が不安を一掃してくれます。

終身年金とマンション経営の収支比較

年間80万円を得るためには、どれだけの負担が必要か比較してみました。どちらも基本的に一生涯、月々80万円を得ることに変わりはありません。しかし、負担額の安さに大きな違いがあります。

■終身年金に35年加入した場合

月々の負担額(掛け金) 34,480円
35年支払総額 1448.1万円

■マンションローンを35年で適用した場合

月々の負担額 13,895円
35年支払総額 583.5万円

(※物件価格 2,200万円/融資金額 2,090万円/金利 3.048%(変動)/ローン年数 35年/家賃収入 84,000円/管理費等 16,900円にて概算試算)

マンション経営のメリット2:節税効果が期待できる

現金のまま保有しているよりも、不動産として持っている方が節税の観点からは有利です。税金は所得に応じて課税されます。課税所得が900万円を超えると、税率は33%にも上がります。マンション経営上発生するローン金利などの経費を給与所得から差し引けば、課税所得額を下げ、所得税や住民税を低く抑えることが可能になります。

また、相続税の場合、現金は額面に対して課税されますが、不動産は評価額への課税となります。その評価は現金の場合のおよそ半分まで抑えることができます。

マンション経営のメリット3:生命保険の代わりになる

万一のことがあった場合、家族に何を残せるか。生命保険なら現金を、マンション経営なら、マンションという不動産と家賃収入を残すことができます。ローン返済中にもしものことがあっても、団体信用生命保険に加入していれば、残りのローンを返済する必要はありません。

また、高齢で生命保険の再契約をするのは働き盛りの年齢時の数倍という高額な掛け金が高いハードルとなってしまいます。この点も、マンション経営の方が有利です。

マンション経営のメリット4:インフレリスクも回避できる安定運用

マンション経営は、インフレリスクの回避策となると言われています。インフレによって貨幣価値は下落しますが、マンションの賃料は相場に応じた額が設定するので、マンション自体の価値は下がらないからです。

また、マンション投資の利回りは5~6%くらいの高い水準を保っています。通常、この水準の利回りを得ようとするなら、かなりリスクの高い金融商品を選ばなければなりません。しかし、マンション経営の場合は、資産価値がゼロやマイナスになるリスクがないのに、安定的にミドルリターンが見込めるのです。