初心者必見!ゼロからはじめる資産運用ナビゲーション

資産運用の初心者が知っておくべき投資のキホンとは

サイトマップ

初心者でも安定した収益が見込める資産運用は何か

これから資産運用を始めるという初心者の方でも安心な、比較的リスクの低い投資商品をピックアップし、その概要や特徴をわかりやすく解説しています。

ローリスク~ミドルリスクで元本保証に近い安定性を備えながらも、できればミドルリターンが狙えるものを厳選し、それぞれのメリットとリスクをまとめています。参考にしてみてください。

詳細情報はこちら

初心者のための資産運用ナビゲーション

HOME » 初心者でも安心なおすすめ資産運用リスト » 保険・個人年金

保険・個人年金

初心者向けの投資方法という視点から、保険・個人年金について記載いたします。

将来の不安から加入者が増えている個人年金

個人年金保険は、保険会社が提供する生存保険の一種で、個人が私的に年金を積み立てていきます。支払完了後、契約時に定めた年齢に達すると毎年、一定期間(終身年金なら一生涯支給)にわたり年金を受け取ることができます。

ここ数年、減額された公的年金だけでは老後の生活を支えられないとの思いから、個人年金保険に加入する人が2000年頃から増加しています。

保険会社の商品の中には資産運用に活かせるものがありますが、ひと昔前なら養老保険、近年では各保険会社は個人年金保険に注力しているようです。

定額型と変額型のメリットとデメリット

個人年金保険には、契約時に年金額が決まっている定額型と運用成績によって年金額が変わる変額型があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。定額型は受け取る年金額が決まっているので将来設計が立てやすいが、決まった額以上に増やすことはできません。

定額型の中には、外貨建タイプや市場価格調整タイプもありますが、その場合、増やせる可能性が出てくる代わりに元本割れのリスクがあります。変額型は運用次第で大きく増やせますが、元本割れする場合も覚悟しなければなりません。

変額型には元本保証タイプもあり、あまり大きく増える可能性はありませんが、安全志向の方はこちらを選ぶのもいいでしょう。

一生涯年金が受け取れる終身型も

払い方や受取期間でも個人年金保険の種類が分かれます。保険料の払い方は、一括払いも選べますが、分割払いを選べば、定期的に一定額を積み立てていくことになるため、貯蓄が得意でない方でも確実に貯められます

受取期間で分類すると、一生涯受け取れる終身型、被保険者の死亡後も一定の年金が受け取れる保証期間付きタイプ、一定期間中は生死に関わらず年金が受け取れる確定型などがあります。

なお、個人年金加入後、据え置き期間中に解約すると、解約控除として一定額を差し引かれる場合があります。

【保険商品だから税控除が受けられる】

個人年金も保険商品なので、税控除が受けられます。控除額は最高で、所得税50,000円、住民税35,000円、合計85,000円の節税となります。

個人年金保険料税制適格特約をつければ、一般生命保険と個人年金ともに控除を受けることができます

また、実際に年金を受け取るまでは、個人年金は課税対象となりません。なお、保険料を支払った人と年金を受け取る人が異なる場合、所得税に加え、贈与税が課税されます。逆に言えば、個人年金は他者への贈与が可能だということです。