初心者必見!ゼロからはじめる資産運用ナビゲーション

資産運用の初心者が知っておくべき投資のキホンとは

サイトマップ

初心者でも安定した収益が見込める資産運用は何か

これから資産運用を始めるという初心者の方でも安心な、比較的リスクの低い投資商品をピックアップし、その概要や特徴をわかりやすく解説しています。

ローリスク~ミドルリスクで元本保証に近い安定性を備えながらも、できればミドルリターンが狙えるものを厳選し、それぞれのメリットとリスクをまとめています。参考にしてみてください。

詳細情報はこちら

初心者のための資産運用ナビゲーション

HOME » 初心者でも安心なおすすめ資産運用リスト » 不動産投資

不動産投資

《画像の説明》

不動産投資とは、どのような資産運用法なのか。その概要や初心者が行うメリットやデメリットについてご説明します。

初心者の資産運用に不動産投資が向いている理由とは

不動産投資とは、土地や建物への投資のことで、「現物不動産投資」「不動産投資信託」に大きく分けられます。

現物不動産投資とは、不動産を購入してオーナーとなり、第三者へ貸し出すことで賃料収入を得る投資法です。マンション、アパート、一軒家、土地などの物件が選べます。アパートは1棟まるごと購入するのが通常ですが、マンションの場合は1戸ずつ購入するという選択も可能です。

アパート1棟の経営はかなり大きな投資額となりますが、マンションの部屋1戸であれば投資額は抑えられます。また、マンションやアパートの投資は多くの場合、融資(アパートローン)を活用することができ、自己資金が数百万でもはじめられるのが魅力といえるでしょう。

お手軽でも価格変動リスクがあるREIT(J-REIT)

不動産投資信託とは、不動産を対象とした投資信託です。投資家から資金を募って不動産を購入し、その賃料収入を投資家に配当として渡します。

REITは、証券取引所に上場していて通常の株式と同様に売買できる不動産投資信託です。現在では、不動産投資信託と言えば、多くはREITを指します。日本版REITがJ-REITです。

流動性、換金性が高いメリットがあり、投資額も数十万円からと初心者にもお手軽ですが、市場の影響を受けやすく、価格変動リスクは現物不動産投資よりも大きいと言えます。

【メリット:安定収入・インフレに強い・節税に有利】

資産運用の初心者に不動産投資をおすすめする最大の理由は、他の投資法と比べても安定している賃料収入です。しかも、株式や債券と比べても高利回りになることが多いのもポイント。

また、不動産のような現物資産はインフレに強いとされているため、経済状況の影響を受けにくいメリットもあります。土地付き物件であれば、インフレに対する、より強い抵抗力があるのです。

さらに、節税にも断然有利です。現物不動産投資は、他の所得との損益通算が可能。他の投資商品は分離課税対象であり、売買の範囲でしか損益の通算ができませんから、現物不動産投資が節税にどれほど有利かおわかりいただけると思います。

【デメリット:空室や入居者モラル】

当然ですが、不動産投資にもデメリットがあります。まずは、空室が生じてしまうリスク。物件に入居者がなければ賃料は入ってきません。また、入居者のモラルが低い場合、家賃の滞納、隣人トラブルといったさまざまなリスクが発生します。

こうした問題を防ぐには、入居者の事前審査を実施するなどの対策が必要です。さらに現物不動産の場合は、土地や建物を所有者自身が管理しなければなりません。所有者の委託を請けた管理会社に任せることも可能ですが、こうした手間は他の資産運用には発生しないものです。

こういったトラブルに巻き込まれないためにも、資産を購入する際の不動産会社選びが重要であるといえます。

実際に不動産投資をした資産運用初心者の口コミ

成功談:やり方さえ間違えなければ使える投資手段(20代男性)

 資産運用のやり方を考えてきましたが「貯金ではお金はほとんど増えない、だからといって株式などに手を出しても、ずっとチャートを仕事中までチェックしているわけにもいかない」という手詰まり感がありました。

そんな中、資産運用のイベントで不動産投資に興味を持ちました。それまで不動産投資には、もし入居者が来なかったら、などのマイナスのイメージもありましたが、学んでいくうちに「やり方さえ間違えなければリスクをグッと抑えて安定的なリターンが期待できる、なかなかすぐれた投資方法だ」と理解しました。

まだ始めたばかりですが、定期的に家賃収入が振り込まれ始め、確定申告の手続きを考えるようになってきたことで、少しずつ実感がわいてきています。今は本業もしっかりとやりながらの生活ですが、いずれは家賃収入だけで生活できるようになりたいですね。

成功談:賃貸需要が高い東京の物件を選んでよかった(30代男性)

 不動産投資を始めてまだ2年目ですが、順調に家賃収入を得ることができています。夫婦で、東京の2戸のマンションオーナーとなっていますが、定年前には年間150万円ほどの不労所得が得られる予定です。

初心者なりにしっかり考えたのは物件選びでした。賃貸需要が高い東京の物件に絞った上で担当者に賃貸実績を聞くなどして慎重に選びましたが、今のところ、その選び方が正解だったかなと思います。

成功談:立地や階数にこだわりました(50代女性)

 マンションの家賃収入を年金収入がわりにしたい、そう考えて、それまで債券や株に投資してきた資金を不動産投資に回すことにしました。

営業の方のアドバイスもいただいて、中古マンションを2軒購入。2軒とも小さいマンションですが、立地や階数にはこだわりました。たとえ狭くても、そうした条件が良ければ借り手はいると考えましたので。まだこの投資を始めて3年ぐらいですが、収益はしっかり守れていていい感じです。

成功談:金利も低くデフレの今が買い時だと思った(20代男性)

 学生時代から金融やお金に興味があり、投資家になりたいと思っていました。早く資産を構築して、老後の長い期間資産を持つには何が最適かと考えた上でマンション投資を選びました。

ローンについては、借金を背負ったというわけではなく資産を持ったのだという考え方で割り切っています。今は金利も低くしかもデフレなので、絶好の買い時だと思いました。

短期間で目先の利益を得ることを考えるのではなく、長期的な視点で利益を得て、資産を構築していくことを大切に考えていきたいです。

初心者からの評判も良い投資用不動産会社5選≫≫