初心者必見!ゼロからはじめる資産運用ナビゲーション

資産運用の初心者が知っておくべき投資のキホンとは

サイトマップ

初心者でも安定した収益が見込める資産運用は何か

これから資産運用を始めるという初心者の方でも安心な、比較的リスクの低い投資商品をピックアップし、その概要や特徴をわかりやすく解説しています。

ローリスク~ミドルリスクで元本保証に近い安定性を備えながらも、できればミドルリターンが狙えるものを厳選し、それぞれのメリットとリスクをまとめています。参考にしてみてください。

詳細情報はこちら

初心者のための資産運用ナビゲーション

HOME » 特集1.成功?失敗?年代別の資産運用の事例 » 40~50代編

40~50代編

40代男性

40~50代の資産運用の経験者といえば、かなりのベテランだと言えます。そのノウハウや失敗談を伝える事例をご紹介しましょう。

成功談:若い頃にはじめてよかった個人年金による資産運用(50代男性)

 若い頃に個人年金保険に加入しました。毎月の支払額がけっこうバカにならなくて、加入したことをちょっと後悔しかけたこともありました。でも最近、加入してよかったと心から思えています。

国民年金が支給されるのは65歳、早めにもらおうとするとかなり減額されます。個人年金なら60歳からもらえる。景気のよくない昨今、このことがやけにありがたく思えるものです。今の若い人も、年金の準備をはじめるなら早い方がいいですよ。

成功談:堅実な主婦も安心できる純金積立(40代女性)

 10年近く前から、子どもの教育資金を準備するために純金積立をはじめました。他の投資は特にしていません。元本割れのリスクが怖いんです。主婦ですから、そのあたりは堅実なんですよ。

金は価値がゼロにならないと聞きまして、その安心感からはじめてみることにしました。初めは月々3,000円の積み立てでした。微々たる額ですが、長年続けた甲斐あって、昨年金の価格が上がっていたのを機に一部を換金したら、30万円近くになりました。今は月々の積立額を5,000円にして継続しています。

失敗談:自分を惑わせるような情報に注意(40代男性)

 株式投資歴は10年以上になります。最初の頃は失敗もしまして、そこから多くのことを学びました。例えば、自分の買った銘柄がポーンと4倍近く高騰したことがありました。

その急激な上がり方を見て、私の心中では期待と不安がどちらも大きく膨らみ、この先どうなるのか知りたいとネットで情報を集めはじめたのです。「まだまだ上がる」という声が多く、意を強くした私はその株を持ち続けることにしました。しかしその後、株価は下がり、自分が買い付けた価格付近まで下がってきたので諦めて売ってしまいました。

資産運用はあくまで自己責任。失敗は、根拠不明な買い煽りの声を信じた自分のせいですね。

成功談:安全性と利率を考え10年満期の利付国債を選択(50代男性)

 週刊誌には日本の財政破綻危機の記事を目にしたりしますが、私は数ある投資商品の中でも日本の債券、特に国債の安全性は世界有数のものだと信じています。

ですから、まず個人向け国債と利付国債を天秤にかけ、利率でやや有利との結論から、10年満期の利付国債を選びました。余裕資金ですから、10年じっくり待つつもりです。

成功談:成功談:まとまった額の安定収入が得られる不動産投資(50代男性)

 不動産投資をはじめようと思ったのは、先行き不透明な世の中ですから、国や会社に頼っていられないんじゃないかという不安からです。投資自体は、若い頃からしてきました。株式投資や金投資、外貨預金にもトライしてきましたね。

ですが、ある程度まとまった額のリターンが安定して手に入るのは不動産投資しかないんじゃないかというのが私なりの結論です。節税にもなりますし、会社員にとっては拘束される時間があまりないというのも助かります。

複数の物件を所有していますが、エリアを分散させていますから、リスクは低減できていると思います。これからもできれば物件を増やしていきたいですね。

失敗談:不動産価格の下落が読めなかった不動産投資(40代男性)

 地方において、築15年のワンルームマンションを1200万円で購入しました。しかし、不動産価格が値上がりする気配はなく、緩やかに下落し続けたので、6年間保有した後1100万円で売却しました。

賃料収入はあったものの、不動産投資ローンの返済もあり、最終的に100万円の損失。賃料収入だけでは、修繕費など経費や税金の負担で消えてしまうんですよね。

失敗談:リスクを理解していなかった(40代男性)

 株式投資やFX(外国為替証拠金取引)のリターンの高さが魅力的で始めたんですけど、リスクのことを理解していませんでした。せっかく100万、200万くらいに増やしても、半年くらいで利益がすべて消えました。

一攫千金の感覚ではダメだったんですね。もっとリスクを理解して、計画的な資産運用をやるべきだったんだと今は思っています。経験を糧に、今後は確実に資金を増やせる投資を目指していこうかなと考えています。あの時はギャンブルの延長くらいの感覚でしたね。

成功談:ほったらかしで利益が出ている(40代女性)

 積立投資信託には色々なタイプがありますが、世界中に投資していてリスクが分散されるものに興味を持ちました。一攫千金を狙うわけではなくて、コツコツと積み上げて預貯金よりはずっと利回りが期待できるものを買いたいなと思ったのがキッカケです。

私がパートで働いた収入からの積立なので、どれくらいその収入が続くかという不安もありました。長期で運用してこそのメリットが大きいので、最低でも20年は投資し続けて、老後の蓄えにしたいと思っています。投資信託を始めてよかったと思うポイントは、ほっからかしで利益が出ていることです。

成功談:高利回りの運用ができる外貨預金(40代男性)

 東日本大震災以降の世の中の流れを見ていると、「安定したものなんて無いんだな」と急に怖くなりました。同時に、自分に万が一のことがあった場合でも、家族が困らないように備えをしておく必要性を強く感じていました。

仕事柄、金融商品についての知識や情報はそれなりにありましたが、いざ自分で投資をするとなると慎重になる面もあって、結局選んだのが外貨預金でした。収益性とリスクのバランスがよく、利息も日本とは比較できないほど高い利率になっている国があります。現地銀行に口座を作るのは多少手間がかかりましたが、今では高利回りの運用がなんとかできています。